債務整理・弁護士・司法書士に無料相談

お金がない人のため無料で債務整理・自己破産・任意整理などの手続きを行う方法です。現在、運営者本人がまったく無料(0円)で弁護士と相談して債務整理を始めました。司法書士や手続きの方法など解決方法を提示します。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットについてですが、一般的に考えられているより少ないと思われます。

破産者名簿と官報に掲載
自己破産をすると、親兄弟、家族や近所にその事実を知られる心配はまずないといってよいでしょう。しかし、破産者の本籍地の市区町村役場の破産者名簿には記載されますが、これは第三者が勝手に見ることはできませんし免責決定を受けると破産者名簿からも抹消されます。また、破産手続開始決定は官報に掲載されますが、一般人が官報などを見ることはありませんし、裁判所から勤務先に連絡がいくようなこともありません。
ブラックリスト
信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として約7年間登録されるので自分名義の借金や住宅ローンができなくなります。これは、債務者を守るためでもあります。銀行のキャッシュカードなどは作れますので金融機関からの振込み、引き落とし等は通常通り行うことができます 。
職業資格の制限
金融機関の外交員・税理士・弁護士・司法書士・国家公安員会などの資格や職業など退任理由になります。 ただし、免責が認められれば復権します。 職業以外は遺言執行者・後見人・保証人になれません。
マイホームは売却
自己破産をすれば、マイホームは処分されますので、どうしてもマイホームを手放さずに債務整理を行いたいと考えている方は個人再生の利用を検討する必要があります(但し、厳しい要件があります)。自己破産を申立てからといって、直ちに引越しをしなければならないということではなく、破産管財人が住宅を処分するまでの数ヶ月間は従来どおり住み続けることができます。マイホームなどの資産がない場合や破産手続きの費用すら用意できない場合、破産手続きを進める意味がないので、こういう場合は破産手続開始決定と同時に、破産管財人を選任することなく破産手続きを終結してしまいます。これを同時廃止と言い自己破産申立ての90%以上が同時破産廃止になっています。

無料相談ができて、料金が後払いできるのが
→ 東京大阪に事務所がある借金解決の横野司法書士事務所


| 自己破産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。