債務整理・弁護士・司法書士に無料相談

お金がない人のため無料で債務整理・自己破産・任意整理などの手続きを行う方法です。現在、運営者本人がまったく無料(0円)で弁護士と相談して債務整理を始めました。司法書士や手続きの方法など解決方法を提示します。

同時廃止とは

自己破産と聞くと、赤紙を貼られて全てを取り上げられ、「人生の終わり」 みたいなイメージがありますが、実はほとんど日常生活に支障はない。裁判所に自己破産の申立てをすると、本人に不動産や株式などの財産がない場合には破産宣告と同時に破産手続廃止の決定がされます。これを同時廃止(同時破産廃止)といいます。約9割の人が同時廃止になっています。同時廃止の場合は財産はそのままで、本人が引き続き使えます。したがって、本人にめぼしい財産がない場合には自己破産しても困ることはほとんどありません。もし、不動産などの財産がある場合には、破産宣告と同時に破産管財人が選ばれます。破産管財人は財産を売却してお金に換えた上で、債権者に公平に分配します。ただし、生活に必要なものについては売却されません。 例えば、台所用品、家具、衣服、寝具、畳、建具、2カ月分の食料などは売却されません。また、給料の4分の3、年金、恩給、失業給付、生活保護給付、労災補償金などは債務者の手元に残ります。このように自己破産しても通常の生活はできます。マイホームを持っている場合は、自宅を手放さなくてはならなくなります。これには破産手続きの中で自宅が売却されて売却代金が貸主に配当される場合と、自宅に抵当権を設定している貸主が競売する場合とがあります。マイホームを手放したくない場合は、個人民事再生を選択して下さい。自分に適した方法で債務整理をしましょう。

無料相談ができて、料金が後払いできるのが
→ 東京大阪に事務所がある借金解決の横野司法書士事務所


| 自己破産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。