債務整理・弁護士・司法書士に無料相談

お金がない人のため無料で債務整理・自己破産・任意整理などの手続きを行う方法です。現在、運営者本人がまったく無料(0円)で弁護士と相談して債務整理を始めました。司法書士や手続きの方法など解決方法を提示します。

自己破産した場合、保証人はどういう影響を受けますか?

保証人制度は,債務者(本人)が万が一支払えなくなった場合に備える為の制度です。債務整理自己破産をすると債権者へ返済することができなくなりますので,債権者は保証人へ借金の督促がいくことにになります。

また,債権者との契約上,支払が遅れた場合には分割で支払っていくことができる利益(期限の利益といいます。)を失うことになっています。そのため,自己破産をすると保証人へは一括で請求がいってしまうことになります。

しかし,金額が高額であれば保証人は一括で返済することができない場合が多くなります。保証人が一括で返済できない場合には,保証人が任意整理をして分割で返済できるよう債権者と交渉する必要があります。場合によっては保証人の自己破産も考えられるでしょう。

重要なことは保証人に対して誠意をもって全てをきちんと説明するということであり、そのような義務が債務者にはあるでしょう。

無料相談ができて、料金が後払いできるのが
→ 東京大阪に事務所がある借金解決の横野司法書士事務所


| 債務整理Q&A
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。