債務整理・弁護士・司法書士に無料相談

お金がない人のため無料で債務整理・自己破産・任意整理などの手続きを行う方法です。現在、運営者本人がまったく無料(0円)で弁護士と相談して債務整理を始めました。司法書士や手続きの方法など解決方法を提示します。

保証人と連帯保証人の違いとは

保証人と連帯保証人はよく似た言葉ですが、少し意味合いが違います。

例えば、友人のAさんがキャッシング業者からお金を借り、あなたがAさんの「保証人」になったとします。その場合、キャッシング業者があなたに請求してきても、「先にAさんに請求して下さい。」と主張できます。

キャッシング業者が家を差し押さえるとあなたに言ってきても、「まず、Aさんの財産を差し押さえてください。」といえるのです。

しかし、「連帯保証人」の場合は、キャッシング業者がこのような請求をしてきても一切主張できません。

また、「保証人」が複数いる場合、その頭数で割った金額についてのみ、借金を支払えばすみますが(民法456条)、「連帯保証人」の場合は、何人いようと、借金全額について支払わなければいけません。

ですので、キャッシング業者は「保証人」ではなく「連帯保証人」を要求してくるのです。

「連帯保証人」になるという事は、あなた自身が借金をした事と一緒なのです。くれぐれも注意しましょう!

無料相談ができて、料金が後払いできるのが
→ 東京大阪に事務所がある借金解決の横野司法書士事務所


| 債務整理Q&A
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。