債務整理・弁護士・司法書士に無料相談

お金がない人のため無料で債務整理・自己破産・任意整理などの手続きを行う方法です。現在、運営者本人がまったく無料(0円)で弁護士と相談して債務整理を始めました。司法書士や手続きの方法など解決方法を提示します。

借金の取り立てに困ったら

gakkari.jpg

借金の返済に遅れると電話がかかってきます。
これにでないで逃げていると取り立て屋さんがいらっしゃいます。

まあ、こんなことにならなに越したことはありませんが、なってしまったら対処するしかありません。

もし、このような状態に陥ってしまったら、迷わず「債務整理」をするべきです。
債務整理と聞くとデメリットが多そうな気がしますが、実際にはそんなことありません。
私も任意整理を行った経験がありますが、全くそれによる被害はありません。むしろメリットだけです。

債務整理をすれば、その日から一切電話や取り立てが止むことになります。
整理方法はあなたの借金によって変わるのでなんとも言えませんが、自己破産か任意整理になることが多いと思います。

もしデメリットがあるとしたら、5〜7年は新たに借金ができないということです。
でも、これはデメリットではないですね。だって、もし債務整理をしていなかったら、借金をするどころか払うのにかつかつで新たに借金なんて出来ないはずです。ちゃんと返し終わり時間が経てば借金することは可能です。私は5年でできるようになっています。

もし取り立てに困っているのなら、早めに相談し楽になってください | 自己破産

自己破産の費用

自己破産を申し立てる場合には、三通り方法があり自己破産の費用もそれぞれ異なります。

自己破産 費用

自分で申し立てる(破産管財人の選任がない場合)
同時廃止になった場合が最も安く印紙代や切手代・予納金などで3万円前後となります。裁判所によって費用は若干異なります。
弁護士
実費+着手金20〜60万円(+報酬)
司法書士
実費+報酬15〜30万円
弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると、 申し立てに必要な債権関係の情報収集も債権者に直接交渉してもらえますので、わかりづらい債務の証明書は自分で集めなくてよくなります。免責不許可理由に抵触する可能性がある場合なども、専門家の経験が大きくものを言います。

最近はお金がなくても、分割で費用を支払えるところも増えていますので、なるべく専門家にお願いしたほうが良い。

破産管財人が必要な場合は別途50万前後の費用が必要となります。 自己破産の費用は「同時廃止、異時廃止」ともに申し立てる裁判所によって異なります。

生活に余裕がなく、弁護士費用を支払うことができない場合は、弁護士会内にある法律扶助教会で法律扶助の相談ができます。 | 自己破産

同時廃止とは

自己破産と聞くと、赤紙を貼られて全てを取り上げられ、「人生の終わり」 みたいなイメージがありますが、実はほとんど日常生活に支障はない。裁判所に自己破産の申立てをすると、本人に不動産や株式などの財産がない場合には破産宣告と同時に破産手続廃止の決定がされます。これを同時廃止(同時破産廃止)といいます。約9割の人が同時廃止になっています。同時廃止の場合は財産はそのままで、本人が引き続き使えます。したがって、本人にめぼしい財産がない場合には自己破産しても困ることはほとんどありません。もし、不動産などの財産がある場合には、破産宣告と同時に破産管財人が選ばれます。破産管財人は財産を売却してお金に換えた上で、債権者に公平に分配します。ただし、生活に必要なものについては売却されません。 例えば、台所用品、家具、衣服、寝具、畳、建具、2カ月分の食料などは売却されません。また、給料の4分の3、年金、恩給、失業給付、生活保護給付、労災補償金などは債務者の手元に残ります。このように自己破産しても通常の生活はできます。マイホームを持っている場合は、自宅を手放さなくてはならなくなります。これには破産手続きの中で自宅が売却されて売却代金が貸主に配当される場合と、自宅に抵当権を設定している貸主が競売する場合とがあります。マイホームを手放したくない場合は、個人民事再生を選択して下さい。自分に適した方法で債務整理をしましょう。

| 自己破産

自己破産の免責条件

自己破産に免責は誰でも受けられるわけではありません。免責の目的は、「誠実な破産者に経済的な立ち直りの機会を与える」と言うことです。ですので、不誠実な理由の場合は免責が認められないことがあります。自己破産の免責を受けられない事由は次のようなものがあげられます。

などです。もし、一つでも当てはまるようなことがあるのでしたら、司法書士や弁護士に全てを話し、相談してみましょう。後々になって発覚しても誰も得しません。裁判官が納得した上で初めて自己破産の免責が与えられます。

| 自己破産

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットについてですが、一般的に考えられているより少ないと思われます。

破産者名簿と官報に掲載
自己破産をすると、親兄弟、家族や近所にその事実を知られる心配はまずないといってよいでしょう。しかし、破産者の本籍地の市区町村役場の破産者名簿には記載されますが、これは第三者が勝手に見ることはできませんし免責決定を受けると破産者名簿からも抹消されます。また、破産手続開始決定は官報に掲載されますが、一般人が官報などを見ることはありませんし、裁判所から勤務先に連絡がいくようなこともありません。
ブラックリスト
信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として約7年間登録されるので自分名義の借金や住宅ローンができなくなります。これは、債務者を守るためでもあります。銀行のキャッシュカードなどは作れますので金融機関からの振込み、引き落とし等は通常通り行うことができます 。
職業資格の制限
金融機関の外交員・税理士・弁護士・司法書士・国家公安員会などの資格や職業など退任理由になります。 ただし、免責が認められれば復権します。 職業以外は遺言執行者・後見人・保証人になれません。
マイホームは売却
自己破産をすれば、マイホームは処分されますので、どうしてもマイホームを手放さずに債務整理を行いたいと考えている方は個人再生の利用を検討する必要があります(但し、厳しい要件があります)。自己破産を申立てからといって、直ちに引越しをしなければならないということではなく、破産管財人が住宅を処分するまでの数ヶ月間は従来どおり住み続けることができます。マイホームなどの資産がない場合や破産手続きの費用すら用意できない場合、破産手続きを進める意味がないので、こういう場合は破産手続開始決定と同時に、破産管財人を選任することなく破産手続きを終結してしまいます。これを同時廃止と言い自己破産申立ての90%以上が同時破産廃止になっています。
| 自己破産

自己破産のメリット

自己破産は本人の経済的な再出発を図る制度です。自己破産の免責を受けると借金を返さなくてよくなりますので、経済的に非常に楽になり、負債額に関係なく、1億円の借金でも自己破産すれば全てなくなり、サラ金や借金の取立てからも開放されます。

弁護士や司法書士に依頼して自己破産する場合には、弁護士介入通知により依頼後まもなく取立てが止まります。自己破産の申立てをしても破産宣告後の給料は原則としてすべて自分で自由に使え、他人や勤め先に知ることはありませんし、自己破産したからといって会社は本人を解雇できません。自己破産したことは住民票や戸籍謄本には載りませんし、家族の就職や結婚の障害にはなりません。選挙権もなくなりません。自己破産しても実際には困ることはほとんどありません。ですから、借金の返済ができなくなった場合には自己破産を検討しましょう。

お金がなくても、新橋法務司法書士事務所で無料で相談を受けられます。

| 自己破産

自己破産とは

自己破産とは、裁判所が債務者の財産を公平に債権者全員に分配して 債務者の借金を整理して生活の再出発を与える制度です。

簡単に言うと、クレジットやサラ金などの借金をチャラにして、立ち直るチャンスを国が与える制度を自己破産と言います。

安易な考えで自己破産することは許されませんが、毎日、サラ金などの借金の取立てなども苦しみ、返済が出来ない、返済しても利子分だけでまったく元本が減らない状況を続けても一向に生活はよくなりません。自己破産を弁護士や司法書士にお願いした即日から取立てはなくなり、裁判所で認められれば人生を再出発することが出来ます。

ご自身で自己破産の手続きすることも出来ますが、やはり弁護士や司法書士の助けがないとかなりきびしいです。一度弁護士や司法書士にお願いすれば、 債務者はほとんど何もすることはありません。

しかし、費用がない、という場合も(私がそうでした)、弁護士や司法書士は無料で相談にのってくれることがほとんどです。まず悩まないで相談しましょう。費用は後でローンなどで払える所もあります。

| 自己破産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。