債務整理・弁護士・司法書士に無料相談

お金がない人のため無料で債務整理・自己破産・任意整理などの手続きを行う方法です。現在、運営者本人がまったく無料(0円)で弁護士と相談して債務整理を始めました。司法書士や手続きの方法など解決方法を提示します。

債務整理の用語集カテゴリ一覧

破産管財人とは

破産管財人とは裁判所が破産手続を開始すると、破産者は財産を管理処分する権限を失いますが、破産者が財産を有している場合、それらの財産を清算・換金し債権者に対し、公平な分配をしなければなりません。

そこで、破産者に財産があると、裁判所は破産管財人を選任(裁判所に選任候補として登録されている弁護士)し、その手続に当たらせます。

破産管財人が選任されると、原則として破産申立人(債務者)に属するすべての財産の管理処分権は管財人の手に移ります。

| 債務整理の用語集

借金の時効

消費者金融の借金時効は法人の商取引ですので、5年で成立します。通常債権の場合は10年です。しかし借金の時効を成立させるには、時効の中断にあたる行為があれば完成しません。時効の中断は以下のようなものです。

請求 裁判上の請求

支払命令-和解のためにする呼び出し及び任意出頭催告 催告とは、裁判外において書面又は口頭で債務者に履行を請求することです。催告後6ヶ月以内に裁判上の請求等の中断を改めてしなければ、中断の効力は生じません。

差押え、仮差押え、仮処分
承認 

債務者が時効の進行中に、債権者に対して債務の存在を知っていることを表明すること。

借金を時効にしようと逃げる人もいますが、かなり困難なだけでなく、借りたお金を返さずに逃げるというのは、道徳的にも反する行為です。債務整理という手段をとることによって逃げずに、借金を解決することができるので、まずは弁護士と相談しましょう。 | 債務整理の用語集

グレーゾーンとは

グレーゾーン金利とは、利息制限法に定められてる上限金利は超えるが、出資法に定める上限金利の29.2%には満たない金利をグレーゾーン金利と言う。利息制限法によると、利息の契約は、利息制限法で定められた利率を超える超過部分は無効とされているが、消費者金融(キャッシング)業者の多くは、出資法の金利帯で金銭を貸しだしています。

  1. 元本が10万円未満:年20%
  2. 元本が10万円以上100万円未満:年18%
  3. 元本が100万円以上:年15%

これが、利息制限法に定める上限金利となる。利息の超過部分は無効となるため、支払う義務はない。しかし、超過部分を利息として任意に支払った場合には、その返還を請求することができません。

出資法の上限金利(年率29.2%)をも超える違法金利で貸付を行っている業者のことを一般的にヤミ金と呼ぶ。

| 債務整理の用語集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。