債務整理・弁護士・司法書士に無料相談

お金がない人のため無料で債務整理・自己破産・任意整理などの手続きを行う方法です。現在、運営者本人がまったく無料(0円)で弁護士と相談して債務整理を始めました。司法書士や手続きの方法など解決方法を提示します。

特定調停と任意整理の違い

任意整理は裁判所を介さずに各債権者と弁護士など(個人でも出来ます)が交渉を行うのに対して、特定調停は裁判所が債権者と債務者の間に入り協議し、債務整理案を作成していくところが大きく違います。

また、調停が成立すると調停調書という確定判決と同じ効力を持つ書類が作成されます。そのため調停成立後に支払いができなくなった場合、調停調書に基づき差押え等の強制執行手続がなされるので注意が必要です。つまり特定調停が成立したからといって安心するのではなく、その後の返済期間は支払いの返済期間(3〜5年)は支払いが滞ることがないように返済を続けていく必要があります。

| 特定調停

特定調停とは

特定調停とは、平成12年2月から施行された新しい債務整理手続方法で簡易裁判所を通して債権者と債務者が争うのではなく、話合いを行う手続きのことです。調停委員という裁判所の職員が間に入り、残っている債務の返済方法を協議していくものです。特定調停利用の目安は任意整理と同様に過払いをしていたグレーゾーン金利を利息制限法で引き直しをした後の債務を3年以内に返済できるかどうかです。それぞれの裁判所や調停委員の方針により異なりますが、おおよそ3〜5年以内の返済でまとまる案が多いです。 また、特定調停は専門的知識がなくても申し立てることが可能ですので、弁護士・司法書士に依頼するお金のない人が裁判所の力を借りることによって簡単に債務整理することができます。

| 特定調停
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。