債務整理・弁護士・司法書士に無料相談

お金がない人のため無料で債務整理・自己破産・任意整理などの手続きを行う方法です。現在、運営者本人がまったく無料(0円)で弁護士と相談して債務整理を始めました。司法書士や手続きの方法など解決方法を提示します。

過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリットは、信用情報機関にクレジット会社や消費者金融によって、「債務整理」や「強制解約」などとして扱われることです。

しかし、これは間違ったやり方です。

クレジット会社や消費者金融は、自分たちの汚名を隠すために、過払い金請求をそのような形で隠ぺいします。

信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)として名前が載ってしまうと、ローンを組んだりする時に不利になります。

過払い金請求を任意整理や債務整理と一緒にする人は、ブラックリストに載ってしまうのでやむ得ませんが、過払い金請求のみを行う人にとっては、納得できません。

過払い金請求をする前に、ブラックリストに載るかもしれないということを、よく検討しましょう。

何らかの理由でローンや金融機関から借入を予定している人は、もうしばらく待ってみてもいいかもしれません。

このような間違ったシステムは、近い将来改正されると言われています。

過払い金は返してもらって当然のお金であり、誰もが安心して過払い請求ができるようになって欲しいと、強く願っています。

本来なら、正しい利息でお金が借りられるようになるのが当然というものです。 | 過払い請求|過払い金返還請求

借金返済後の過払い金請求

過払い金請求は、既に借金返済後でも行うことができます。

過払い金請求がテレビなどで有名に話題になっており、自分は頑張って払い終えたのにと口惜しく思っている人もいることでしょう。

借金完済して10年以内なら、過払い金請求をすることができるのです!

現在では、最高裁判所により完済していても、その取引の履歴が保存してあるならば、全て開示するように義務付けられています。

ですので、取引の履歴がわからなくても、調べれば、履歴をとることが十分に可能となります。

自分の取引履歴があるか知りたい人は、取引があったキャッシングやクレジット会社などに自分で請求してみるか、弁護士や司法書士などの専門家を通して調べてましょう。

万が一、クレジット会社に取引履歴が残っていない場合でも、自分で保存しておいた支払い明細表などがあれば、大丈夫です。

引き出しの奥に残っているかも,と思う人は取引履歴を探してみてください。

ただし、10年で過払い金返還請求の権利が時効消滅してしまうので、完済して10年以上経過してしまっている場合は、請求できません。 借金を完済してそろそろ10年が経つという人は、急いで過払い金請求の手続きをしましょう。 | 過払い請求|過払い金返還請求

過払い金請求手続き方法

過払い金請求手続きは、任意整理や債務整理の手続きと一緒に行われたり、支払い終わったキャッシング会社から過払い金請求することもできます。個人でも請求することも可能ですが、相手にされない場合が多く弁護士や司法書士を利用するのが通常です。個人の場合は知識武装をしていないと都合よく丸め込まれてしまいます。
過払い金請求手続き方法は、以下の通りです。

過払い金請求手続き

  1. 過払い金請求手続きをし、使用しているクレジットやキャッシング会社などに取引の履歴の開示を請求し、その取引履歴から利息制限法の上限金利で計算をやり直します。
  2. 実際に支払った金利と計算し直した金利との差額を、過払い金請求額として確定。
  3. 引き直し計算後、過払い金の支払いをクレジットやキャッシング会社などに交渉します。 (交渉決裂の場合は、過払い金返還請求訴訟を起こすことも可。)
  4. 交渉成立し、過払い金の返還に同意した場合は振込み先を提示し、入金を確認して終了。

過払い金支払いを拒否する業者もいますが、最高裁判所で利息制限法の上限金利を超えた金利を課している場合、その金利は無効であるという判断が下されますので、過払い金の請求をすることは正当な事として認められます。

最近は多くの人が過払い金の返還に成功しており、出資法で金利を設定しているクレジット会社や消費者金融も過払い金の支払い用のお金を準備しているという話も聞きます。

近いうちに出資法と利息制限法が改正されて、グレーゾーンも無くなると思います。 | 過払い請求|過払い金返還請求

過払い金返還請求とは

過払い請求とは、払い過ぎていた分を債権者に返してもらうための請求です。

キャッシングや消費者金融を利用した人たちの多くは、おそらく、20〜29.2%の金利が取られているのではないでしょうか。

金利は、出資法、利息制限法という法律で上限の金利の額が定められています。

出資法の上限の金利は29.2%で利息制限法では10万円以上100万円未満借りた場合で18%となっています。

重要なことは、出資法では違反をすると罰則が課されるのに対し、利息制限法では罰則はないのです。

罰則の違いによって、出資法の29.2%という上限の金利ばかりが守られていて、利息制限法の上限の金利は守られていないという問題が生じています。

そこで、過払い金請求によって、利息制限法を守っていないサラ金業者やクレジット会社に対し、その金利の差額を請求できるということです。

ただし、過払い請求を誰もができるわけではありません。

過払い金変更請求の条件

  1. クレジットやキャッシングのが利息制限法の金利を越えていること。
  2. 初めての過払い請求。
の条件があります。

返済している期間が短い場合は、金利が利息制限法を超えていても、過払いになっていない可能性があり、過払い請求ができないことがあるので、誰でもできる・必ず過払い金が返ってくる、という事ではないので注意が必要です。

| 過払い請求|過払い金返還請求
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。